医学部合格へ向けて予備校の使い方

そのころに予備校へと遅ればせながら参加しました

そのころに予備校へと遅ればせながら参加しました。
その頃はもう、医学部合格を主眼に置いたコースには空きがないと入れない状況でしたが、幸い空きが出たタイミングだったためそのコースに合流することができました。
はっきりと言えば、医学部進学コースで扱った内容が私の成績を劇的に向上させたかどうかで言えば首をかしげるところです。
いかんせん、内容が東京大学や順天堂大学を目指す学生にも満足してもらう内容だったため、地方の国公立大学を狙う私にとっては不要に難しすぎたのです。
しかし、同じ方向へ向かって走る同級生の存在というのは刺激になりました。
予備校に入って一番良かったと思うのはチューターの存在です。
チューターというのは受験生のための進路相談を行うほか、悩みの相談にも乗ってくれるカウンセラーの側面も持つ受験の先生であり先輩、といった方ですが、自宅で浪人していた頃は良くも悪くも自分ひとりでやっていたため自分の方針に疑問をおぼえても相談する相手がいなかったのです。
チューターは過去の受験資料や私の成績の伸び、安定度をもとに適切な指導をしてくれました。
難しすぎる授業からドロップアウトしてしまった後でもチューターの部屋に自習に行っていました。
私はもっと早くチューターと出会っていればよかった、という後悔があります。
もっと早く出会っていれば、あるいはより高い志望校を掲げて、より密な浪人生活を送れていたかもしれないという思いはその頃からありました。

医学部は浪人経験者が多く、そのほとんどが予備校に通っていたそのころに予備校へと遅ればせながら参加しました学校に通わない浪人生活は相当にしんどいです